医学部ならば浪人して予備校に行く価値は十分にある

これから更にその存在価値が高くなる

今の世界で医者というのは特別な存在となっている | これから更にその存在価値が高くなる | 数年レベルで浪人することなど何も気にすることはありません

というのは、医学は常に進化していて、様々な事が分かるようになって来ています。
つまり、学術的なところがどんどん増えていて、知識が必要になっているという事があるからです。
つまり、勉強しなければならないことが増えているという事になる。
とすれば、勉強しなければ医者になる事は出来ないわけで、これになる人はいっぱい勉強した人で、普通の人ではなれないということになるわけですから、そのような人が重宝されるのは当然です。
ですから、この傾向はますます強くなっていくわけです。
人が経済活動をして豊かになった時に最も考えることは自分の健康であり、命の事だといってもいいでしょう。
お金はいくらでも獲得することが出来るとしても、命を増やしたり寿命を延ばしたりすることは誰にも出来ないわけですから、お金持ちがいくらでもお金を払うという事になってしまいます。
とすれば、医者が儲かるの必然の話になり、豊かな人が増えれば増える程、医者も儲かるという図式が出来上がっていく事になります。
つまり、医者はお金持ちから多くのお金を獲得することが出来るわけですから、経済が発展すればするほど社会で重要視される存在という事になります。
実は昔は医者という存在はそれほど価値があるとは考えられてはいませんでした。
江戸時代などでもまだそれほどのなりたい職業では無かったと考えていいでしょう。
ですが、明治となり大正、昭和となり、平成ともなると経済が大きく発展したので、医者の価値も大きく変わったという事になります。
そしてこれから更にその存在価値が高くなるという事も想像に難くはないはず。