医学部ならば浪人して予備校に行く価値は十分にある

今の世界で医者というのは特別な存在となっている

今の世界で医者というのは特別な存在となっている | これから更にその存在価値が高くなる | 数年レベルで浪人することなど何も気にすることはありません

医学部を目指すというのであれば、浪人して予備校に行く価値は十分にあると考えていいでしょう。
恐れることはそれほどありません。
浪人するを極度に恐れるという人は実は少なくはありませんが、医学部に入る事が出来れば、かなりの確率で医者になる事は出来ます。
医者になれば高額な報酬を確実に獲得することが出来るようになりますから、その為の浪人という事であれば、まず気にするような事は無いでしょう。
それが一年ではなく数年になるという事でも問題はそれほどないはすです。
それぐらいに今の世界で医者というのは特別な存在となっているというわけです。
まず医者になった時点で人生の成功者というように考えても良いぐらいですから、その為の期間に数年レベルを費やすという事があっても問題にはならないことの方が多いはずです。
ある意味では、これは余りにも医者が厚遇されすぎているという社会問題でもあるのですが、実際にそうなってしまっているものをどうすることも出来ません。
人は命が一番大切なのは当たり前で、命を扱う仕事が尊いしそのような事が出来る人は高額の報酬を獲得するのも当然というように考えられるので、これは今後も変わる事は無いでしょう。
むしろ、この傾向はこれから更に顕著になると考えられます。

うちの社長が授業を受け持っている他の医学部予備校の生徒さん達が来社されて都内の私立医大の二次試験を受けに来ていて教室は賑やかです(#^^#)既に他の獣医学部に籍だけ置いて医学部受験されている生徒さんもいらっしゃいます。
 #浪人医学部一次合格  #浪人卒業

— 千代田ナイチンゲールセミナー (@CNS_timetable) 2019年2月11日